スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ことりさん…

好きですぎゅってしてください




そんな話が1本ぐらいあってもいいと思うんだ
なのにーなーのーにー


だから昔描いたぴよまこssをサルベージ


もちろん飽きて最後は妄想にお任せしますスタイルなので
オチとかきにしちゃダメピヨ

ノベマスに疲れたからじゃないピヨ
ちょっと熱っぽいかもぴよ
なんか腰も痛いピヨ

多分変な座りかたしたからぴよ


まぁ支離滅裂で落ちの無いssだが暇なら見ていってくれよ

ぴよまこェ…


はやれよ

真が小鳥さんにひたすら甘える動画みてえよ
まこまこまこまこりんりんりんちん


どうしてピヨまこがないの?

え?自分で書け?かいてんじゃんw
そうじゃなくて人様のがよみたいのー!

うう…ノベの区切りついたらみきまこかくよ
みきまこできたらつぎは新婚お料理教室手料理はるまこ書くよ


ちんちんついててもいいじゃない

ついてなくてもいいじゃない

でもちんちんあったほうがいろいろべんりじゃない




ちんちんちんちんああ=!!



ぴよまこォ!!










注意☆まこいちさんが登場するぞ☆



そして最後のほうはえっちだぞw


ゴムやらピルやら言ってるぞ♪



それでもいいならスクロールでみれるぴよ!




おk?文句は受け付けないぴよ





あゆーれでぃー?




















______________________________









「ごちそうさまでしたー
 真お料理上手ね」
小鳥さんが満足そうな笑顔で褒めてくれる

「えへへ
 そうかな?」
ボクだって1人で練習したり
雪歩や春香に教えてもらったりしてるから

やっぱり好きな人には美味しいご飯を食べてもらいたい

「今度は私が作ってあげるわね」

小鳥さんのご飯かー
まずくはないんだよ…

不味くないはずなんだ

でも…なんていうのかな?
ご飯が硬い?でもそれだけじゃないような…

やっぱりマズイのかなぁ

「何固まってるの?」
小鳥さんがほっぺをつついてきた

「いや、なんでもないよ
 ボクが遊びに来たときぐらいボクが作るよ
 
 いつもお世話になってるし」

「あらwうれしいw
 実はお料理とかあんまりとくいじゃないの」

知ってるよ

「そうなんだ」
でも知らないふりをする

「真口の横にソースついてる」

「あぁ」
さっきのハンバーグの

「取ってあげる
 動いちゃダメよ」
小鳥さんの腕が伸びる

「ん」
人差し指の腹でソースを軽く拭い取られる

「コレ美味しい」
その指を小鳥さんが舐める

なんかヤラシイ…

「まだ付いてるわね」

「顔洗ってくるよ」

「動いちゃダメって言ったでしょ?」

「え?」

「取ってあげるから」
今度は小鳥さんの顔が寄って来る

「あの…え…」

「かわいいわね」
小鳥さんは妖艶な笑みを浮かべてから
ボクのギリギリ唇といえるような場所に口付けてくる

「ちゅ…ん、ぺろ…」

「……ん////////」
ボクは小鳥さんの行為を固まって受ける
口の外側を丁寧に舐め取ってくる

いくらなんでもそんなにも汚してないだろ

「かわいい…」

「ぅん…」
ダメだよ…

あんまりされると
気持ちのほうの我慢が出来なくなる

「はい

 きれいになった」
小鳥さんの服をつかもうとした瞬間に口を離された

「え…」

「きれいになったよ
 ごちそうさま♪」

「小鳥さん…」

「なに?まこと」

………ずるい

「なんでもない…」
小鳥さんの笑顔の裏にもう1つの笑顔が見える

ボクがねだらないとダメなんだ

最初の頃はボクがしてもらってばかりだった
くっ付いて甘えれば小鳥さんはすぐに察してくれたから

でもそればっかりも悪いと思って
この前ボクからしてみようと思ったんだ










__________________












回想





『あの…こ、小鳥さん!』

『なに?どうしたの?』
お煎餅をくわえたまま返事する小鳥さん

どうして他の人がしたら間抜けにしか見えないことでも
小鳥さんがすれば愛おしく見えるんだろう

『あの…あの…』

『ん?』

『好きです!!』
そういって座布団に座る小鳥さんに抱きついた

『え、え?え?』
小鳥さんの口からお煎餅が落ちる

『小鳥さん好きだよ』

目を見つめてから静かに瞳を閉じて
顔を近づける

『まことちゃん…ぁ…』

ん…ちゅぅ…ぁふ

『小鳥さん呼び方戻ってるよ』

『うん…』

『小鳥かわいい』

『ぅん…』

『ここでしていい?
 ベッドいきたい?』

『ここで…ぃぃ…』

『うん
 かわいい』

『まこと…』

『ん?』

『すき』

『ボクも』






_________________________






ええ…あの時は頑張りましたとも
王子パワーを振り絞りましたよ

ボクもやれば出来るんだなぁ
って思いましたよ

でもそれがなんていうか…

小鳥さんがそれをとても気に入ったらしくて

大絶賛で…
その日はずっと子猫ちゃんで…

可愛いよ!ずごく可愛いよ!!
でも…でも…、あの日からちょっとイジワルになった

挑発するだけしといて後は待ってる
今までは甘えれば気付いてくれたけど

最近は気付いてるくせに気付いてない振りしてる
もちろん気付いてくれるときもある

でも…週末は特に知らないふりをする
明日休みだからかな?

そして今日は土曜日
ボクの仕事も今日の午前中で終わった
明日はオフ

きっと小鳥さんの中では
準備万端なんだ

けっこう激しいの好きだからなぁ…

「真、私洗物するから
 お風呂の準備よろしくね」

「…うん」
ご飯を作るのはボク
後片付けは小鳥さん

小鳥さんが洗物をしている間に
ボクはお風呂を洗ってお湯をためる

………

お風呂洗いに行こう…






_______________________







ふふ~んw
真今日はどうしてくるのかなぁ♪

出だしは毎回同じような感じなのよねー

照れて困って気合を入れてから
『小鳥さん!』って言って抱きついてくるの

そのあとは可愛くにゃんにゃんしとけば
真がのってくる

もうね!もうね!
可愛くてかわいくてw

本人かっこつけてるつもりかもしれないけど
カッコいいよりカワイイのほうが勝ってるから!

頑張ってくれるのが可愛いのよー♪

なんだかんだ言っていかせてくれるしw

今日はどうやってくるのかなぁ~






_______________________






お風呂を洗いながら考える

今小鳥さん絶対ニタニタしてる

どうするかなぁ…

ボクからいくときは殆ど毎回同じようなパターンだし
あんまり進歩がなかったら飽きられるかも……

腹括るか

小鳥さんの好みや好きなところも分かってきた
すごいよがってるときもあるし…

小鳥さんは責めて欲しいんだろうなぁ
ボクだったらそうだ

優しく抱きしめてもらってから
ゆっくり流されたい

いつもはドーン!ガバッ!!
って感じだから

たまには…
たまにはカッコいいのもいいかな






________________________







お風呂のスイッチを入れてから
キッチンにいる小鳥さんの様子を見る

洗物してる

こっちには気付いてない

テレビはつけっぱなし

テレビつけてするのあんまり好きじゃないんだけどな
消したらボクがいるのばれちゃうし

タイミングを見て消そう

抜き足差し足で小鳥さんに近づく
目の前には小鳥さんの背中

手を伸ばせば届く




_______________





真遅いなぁ

拗ねてるのかな?

拗ねたらベッド占領するのよね
真ん中に寝て動かない

『ねー何拗ねてるの?』

『なんでもないよ』

『夜明けのコーヒーとか冗談よ
 芸能人とか私えんないから』

『ボクはコレでも芸能人の端くれですよ』

『さっきのテレビの人は出会った事ないわ』

『ボクもないけど…』

『ねぇ私もお布団入れてよ』

『お風呂は?』

『一緒に入ろう?
 洗ってあげるから』

『………』
顔が赤くなってるw

『真ちゃん真ちゃん真ちゃん』

『なに?』

『すきよ』

『ん…』

『お風呂あとで入ろうか』

『うん』

とまぁ
そんな感じで可愛いのよ

芸能人に嫉妬するとかw
かわいいなぁ

「小鳥さん」

「え?」
聞こえた声に振り向く前に
後ろから抱きしめられた

_______________

「小鳥さん」
声を掛けて抱きしめて首筋に顔を埋める

「え?」

良い香り
最初と同じ香水の香り

好きだなぁ

「洗物終わった?」

「もうちょっと」

「あとでにしようよ
 ボクと遊んで」

「何して遊ぶの?
 マリオ?」
ファミコン好きだよね

「もっといい事」

「どうしたの?」
小鳥さんが身体を揺らす
それに釣られてボクも揺れる

あれ?おかしいな?
カッコよくリードしてるはずだよね?

なんかあやされてる様な…

「好きだよ
 こっちむいて」

「どうしたのよ
 さっきの仕返し?」

「違うよ」
こっちを向いた小鳥さんにキスをする
最初はついばむように

「何かついてる?」
小鳥さんがにやりと笑う

「いっぱい付いてる」

「とって」
小鳥さんの手がボクの腰に回る

あれー?
何だか想像してたのと違ってきた

でもいいか
最近ボクからばっかりだったし

攻めてもらいたいなぁ

「口の中も付いてるよ」
深いキスをねだる

「あら大変
 歯磨きしてこなくっちゃ」

「ボクが綺麗にしてあげる」


「うん」






________________________








☆べっど☆








「小鳥いい?」

「うん」

「あの…ゴムは?」

「いらない」

「平気なの?」

「うん
 ゴム嫌いなの」

「でも…あの…」

「じらしてるの?
 えっち」

「そうじゃなくて」
指で小鳥さんの退屈を紛らわす

「ぁっ…ん」

「ヌルヌルだね
 何でゴムいやなの?」

「だってラップ越しのキスみたい」

「うん」

「今頃気にしてるの?
 ずっとつけてなかったのに」

「だって」

「最初に言ったでしょ?
 お薬飲んでるって」

「お薬平気なの?
 小鳥さんに負担掛けたくない」

「平気よ
 ゴムつけたい?
 付けてするほうがすき?」

「無のほうがすき

 でもお薬は気になる」

「大丈夫最近のは副作用とかないから
 今度つけてあげるから」

「うん
 ボクもつける練習する」

「教えてあげるからね」

「えっち」

「真も十分エッチよ
 
 きて」

「うん」
先を小鳥さんの秘所に擦り付ける
ヌルヌルしてて温かい

「ふふw
 何だか慣れてきたわね」

「小鳥がAVとか見せるから」
しかも無修正

「興奮するでしょ?」

「うん
 
 でもあんな風にされるのイヤなんだろ」

「どうかしら?」

「最初といってることが違うよ



 入って良い?」

「うん」

ゆっくり腰を進めていく

「ぁあぁ…」
気持ちいい

「おくまで来た」

「うん
 気持ちいい」

「他には無いの?」

「ぬるぬるしてる
 あったかい」

「えっち」

「うごいていい?
 痛くない?」

「平気よ
 こっち来てキスして」

「うん
 小鳥」

「ん」

「好きだよ」

「私も」













____________________________________











あははw実は自分でもエロっちいところがあるの忘れててwww


それだけ昔にかいたんだなぁw



あふぅ…はずかちいぜ!


もっとエロエロすればいいと思うの

たすけてエロい人!!



えーろーす!えーろーす!


あぁ…むなちいぴよ


アレだよエロはいいけどエロに行くまでの流れとかそう言うのもあってのエロがすきだな!

いつぞやのおしっこみたいなその場面だけの切抜きじゃなくて
ちゃんと前があるの

後ろがあるのも好き



前後があるのが一番いいがな!!




なんつーかエロssとかって前だけとか後ろだけとかが多い気がするの

自分もそうだし

やっぱその方が綺麗にまとまるからかな?
それとも飽きるのか?


自分は後者のパターンが圧倒的に多いがw


まこりんがいろんな人に甘えればいいと思うの

それだけでエロがなくてもPちゃんはだいまんぞくぴよw



あとね、全然関係ないんだけど

PちゃんPって呼ばれるとちょっともにょもにょするぴよ

だから最後のPとってくれるとありがたいってミキ思うの!
Pちゃんってよんでねw


とか美希に頼ってお願いとかしてみるこころみ


なんかさーPつけなきゃダメなのかなー?って思ってPつけたけど
なんつーかPだけどPじゃないじゃんw

訳わかんないよねw

んーなんつうのかな?

Pって何か「Pちゃんさん」って呼ばれてるようなきがするの
もっと言えば「Pちゃんさんさん」

なんかねw


だからぴーちゃんでいいよ

むしろそれでお願いします

Pちゃんって変換めんどいww

何でもいいがwうしろのPだけ取ってくれたらうれしいなw



最終Pでいいよ


パンダPなみにPって呼んでくれていいよ

そういや最近パンダの出番ないね

虎とかアルパカとかもっと出番ナイねw

まぁいっかwPだしwwww






ココだけの話最近メアリー・スーってよくきくぴよ

正直そんなのきにしてたらPが主人公の動画とか作れないと思うぴよ
アイマスはメアリーが何故か受け入れられてる不思議世界ぴよ

自分の動画はPが脇役だからメアリー気にしてるけど
主人公ならはっちゃけちゃえばいいと思うな!


オイラはメアリーP嫌いだけどなw


だかあえてメアリーPを考えてみたが
ういきぺでぃあ?あのサイトだけの情報じゃちょっとムズイぴよw


メアリーって言うのはただ皆に好かれるってだけじゃないと思うピヨ


皆に好かれるPだって理由があればいいと思うの

ヒヨコとかかわいいじゃんw

つーか「プロデューサーがメタボッたww」
とか完璧メアリーじゃね?

あのヒヨコおっさんに置き換えてみ?


一気にPがウザくなるぜwww



まぁメアリーを回避する一番の方法はPを出さないことだがなw

あとはPを愛されキャラにするとか
ちゃんと人間味をもたせるとか
妄想だけにしないとか
アイドルから無駄に好き好きオーラ出さないとか
アイドルが惚れる要素をちゃんと作るとか


少女の恋心なんて結構単純です


昔小学六年生に聞いたことがあります

「君はなぜあのイケメン君がすきなの?」

「だってイケメン君つくえ運んでくれたから」

そんなものです

びっくりだよねw

ただしイケメンに限る!ってやつですねw


あーなにいってんだろうな…


まぁなんでもいいかw


みんなやりたいようにやるわなw

メアリーPの大冒険


とか言ってノベマス作ってみようかしらwww
メアリーだけどアイドルに全然好かれないのw

不思議ちゃんのこまっちゃたちゃん扱いされて
逆にアイドルが気を使わないといけないようなP


あははははははhwそんなPwうぜぇwww
立ち絵はそうだな……うぜぇまるあたりでも使う?

あの顔でさ金パにしてオッドアイwww


やべぇなw

個人的には面白いw


自分が視聴者なら多分見ないけど!








あれぴよw個人的にストレスがたまると毒を吐きたくなるぴよw
自分のブログだからいいぴよね?







それじゃーねー



あ、メトロン黒デューサー!!ぴよまこ書きましたよ!ぴよまこ!

動画も頑張りますね!それじゃあお先に失礼しまーす!!





【追記】


ツーかPがメアリー・スーな動画とかあるの?
自分がP主人公とかハーレムとかあんまり見ないから知らないだけ?


教えてエロいひと!


あ、ストレスたまったらとか言ってるけど

毒は吐くけど別に誰に対してってわけじゃないよw

マジでwまぁ気分転換にバッティングセンター行くみたいなもんですわw


誰もそんな事気にしてない?


あwあやべぇメアリーってた?www

自意識過剰だったときに「メアリーってた」って使おうぜ!



メアリーってた






あはははwwwww






誰にもつうじねぇよ!!


今度こそノベ作ってくる



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

前後があるのが一番というのは自分も同意ですね。
個人的な意見ですが、エロ有りの作品では「エロさ」と「恋人のキス→二人の気持ちが最高に通じ合ってる瞬間→さらにその先」の二つの点が評価対象。だから、読んでる方の頬が緩みっぱなしになるようなイチャイチャをエロの前後で(もちろん最中でも)見せつけてくれると自分としては非常に嬉しくなります。

全体的に同意します!!

> 前後があるのが一番というのは自分も同意ですね。
> 個人的な意見ですが、エロ有りの作品では「エロさ」と「恋人のキス→二人の気持ちが最高に通じ合ってる瞬間→さらにその先」の二つの点が評価対象。だから、読んでる方の頬が緩みっぱなしになるようなイチャイチャをエロの前後で(もちろん最中でも)見せつけてくれると自分としては非常に嬉しくなります。

全体的に同意なので前文引用させてもらいましたw

自分はえっちいの好きですけど正直エロっていうか本番描写が苦手でw
出来れば本番を飛ばして前後だけでそう言うのが伝わればいいなーって思っています

イチャイチャを見せ付けるようなお話を作りたいです!
プロフィール

PちゃんP

Author:PちゃんP
ニコ動の片隅で NovelsM@ster を投稿しています。
他にラクガキとか粘土いじりが好きです

とびだせどうぶつの森にはまってます。

ツイッター始めました http://twitter.com/ptyan_p

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。